前田一希(東農大北海道オホーツク)

東農大北海道オホーツクの大型右腕「前田一希」「中村亮太」 今秋ドラフト育成指名で“大化け”の可能性も

中村亮太(東農大北海道オホーツク)
中村亮太(東農大北海道オホーツク) (撮影・西尾典文)

 もう一人が前田の後を受けて登板した中村亮太(4年・投手・千葉経大付)だ。こちらは昨年の大学選手権でリリーフとして3試合に登板し、いずれも短いイニングでの登板ながら最速151キロをマークして注目を集めた。

 この日は最初の打者にヒットを打たれたものの、盗塁死もあって2回を6人で抑えてしっかり試合を締めている。少しテイクバックの動きが大きく、腕が背中に入るのは気になるものの肩の可動域は広く、しっかり上から腕を振り下ろすことができている。フォームの躍動感も昨年と比べてアップしており、この日最速148キロをマークしたストレートは数字に見合う勢いを感じた。また走者を背負っても落ち着いて投げられるようになったのも成長である。

 ともに変化球など課題はあるものの、大型でストレートの勢いは申し分なく、最終学年にかけてスケールアップしてきたというのは魅力である。支配下での指名となると厳しい状況かもしれないが、育成でのプロ入りであったとしても大化けが期待できる素材であることは間違いだろう。

この日の成績

・前田一希

1回 被安打2 1失点(自責点1) 0奪三振 0四死球

・中村亮太

2回 被安打1 0失点 1奪三振 0四死球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita