木村大成(北海)

北海のエース「木村大成」は実力派サウスポー 来春のセンバツ出場が“濃厚”

 2020年のドラフト会議まであとわずかとなったが、高校野球では来年の選抜高校野球出場に大きくかかわる秋季大会がスタートしており、大学野球でも下級生の活躍が目立つチームも増えている。プロアマ野球研究所ではそんな来年以降のドラフト候補も積極的に紹介していきたい。今回は北海道の高校球界に現れた来年の候補となる実力派サウスポーを取り上げる。

【2020年10月10日】高校野球秋季北海道大会

知内0-6北海

 この日見事なピッチングを見せたのが北海のエース、木村大成(2年・投手)だ。1回ワンアウトから4者連続三振を奪うなど、序盤の3回をパーフェクトに抑え込むと、4回ツーアウトからこの日初ヒットとなる内野安打で出塁を許したが、後続を打ちとって無失点。中盤以降も全く危なげない投球で3安打、無四球完封でチームを決勝進出に導く原動力となった。打たれたヒット3本のうち2本は不運な内野安打であり、準々決勝で駒大苫小牧も破って勢いに乗る知内打線に二塁すら踏ませなかった。

 180㎝の長身で体つきも、この時期の高校生にしてはしっかりした印象を受ける。これまでの最速は145キロで、この日の最速も142キロをマークしたが、どちらかというとスピードで圧倒するタイプではなく、打者を見てしっかりアウトを積み重ねられるというのが大きな長所だ。

 特に感心したのが変化球の精度の高さだ。カーブとスライダーをしっかり投げ分け、どちらも低めにしっかり集めることができている。サウスポーらしいボールの角度もあり、ストレートと腕の振りも変わらないのも大きい。カーブの時にわずかにステップが狭く、重心が高いようにも見えたが、2年秋ということを考えると、十分な完成度の高さと言えるだろう。