中川拓真(豊橋中央)

今年は“高校生捕手”が豊作…ドラフト指名が有力な選手の実力は? 「セカンド送球ランキング」を一挙公開!

日大藤沢・牧原巧汰 (撮影・西尾典文)
日大藤沢・牧原巧汰 (撮影・西尾典文)

 打撃に関してはナンバーワンと見られているのが牧原だ。2年夏には3本、今年夏の代替大会でも2本のホームランを放ち、そのヘッドスピードと長打力は全国でも指折りだ。守備もコンスタントに1.90秒前後のタイムをマークしており、ブロッキングやキャッチャーとしてのハンドリングにも見るべきものがある。打てる捕手という希少性の高さから、巡り合わせによってはかなり高い順位で指名される可能性も十分にあるだろう。

履正社・関本勇輔(撮影・西尾典文)
履正社・関本勇輔(撮影・西尾典文)

 守備力の高さでは二俣と関本も上位だ。二俣の魅力は何と言ってもその地肩の強さ。セカンドベースを過ぎてセンターまで伸びていきそうなスローイングは迫力十分だ。関本はレギュラーとなったのは2年秋からだが、攻守ともに力強さがあり、チームの中心として活躍している。正確なスローイングは高レベルで甲子園の交流試合でも3度の盗塁阻止を記録してみせた。ともに支配下での指名は十分に圏内と言える。

 オリックスはもちろんだが、ロッテ、西武、日本ハム、巨人、阪神、ヤクルトなども若手の有望株が少ないだけに高校生捕手は補強ポイントと言える。今回取り上げた選手の多くが指名されることも十分に考えられるだろう。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita