小田康一郎(中京)

甲子園を沸かせた強打者 中京「小田康一郎」は着実な成長を遂げていた! 来秋ドラフト候補に浮上も…

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れで開幕したが、アマチュア野球もようやく本格的に各カテゴリーで公式戦が行われるようになってきている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は昨年の夏の甲子園を沸かせた左の強打者を紹介する。

【2020年9月20日】高校野球秋季岐阜県大会3位決定戦

中京2-3×岐阜第一(延長10回)

 昨日紹介した岐阜第一の阪口樂(2年・投手兼一塁手)とともに、そのプレーに目を奪われたのが中京の4番打者、小田康一郎(2年・三塁手兼投手)だ。入学直後からレギュラーとなると、昨年夏の岐阜大会では6割を超える打率をマーク。続く甲子園大会でも3回戦の東海大相模戦では3安打を放つなど1年生離れした打棒を見せ、チームの準決勝進出にも大きく貢献している。

 この日は背番号1をつけて4番、サードで出場。6回で迎えた第3打席に阪口のストレートを振り抜くと、打球はライトスタンド中段へ飛び込み、これが先制ツーランとなった。打った瞬間ホームランと分かる当たりで、本人もスイングした直後に右手を高々と上げるほどだった。この日のヒットはこの1本だったが他の打席でもあわや長打という当たりを放っており、インパクトは十分だった。