松向輝(日本製鉄東海REX)

“馬力”は社会人屈指! 日本製鉄東海REX「松向輝」は本格派サウスポー 今秋のドラフト戦線に浮上も…

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れで開幕したが、アマチュア野球もようやく本格的に各カテゴリーで公式戦が行われるようになってきている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は社会人でも屈指の馬力を誇る本格派サウスポーを紹介する。

【2020年9月15日】都市対抗野球東海地区二次予選

東海理化2-3日本製鉄東海REX

 この日、昨日配信の記事で取り上げた三菱自動車岡崎の中野拓夢(24歳・遊撃手・日大山形→東北福祉大)とともに、スカウト陣から熱い視線を送られていたのが、日本製鉄東海REXの先発マウンドに上がった松向輝(まつむこう・ひかる・22歳・投手・市岐阜商)だ。

 高校時代は甲子園、東海大会への出場はなかったが、岐阜県内では評判となっていたサウスポーで、社会人でも早くからマウンドを経験。3年目の昨年も春先は候補として名前が挙がっていたものの、故障もあって指名はなかった。

 この日は初回を三人で片付けると、2回以降も連打を許さない見事なピッチングを披露。8回ワンアウトから四球とこの日初となる連打で満塁のピンチを迎えたところで降板となったが、7回1/3を投げて2失点としっかりと試合を作り、チームの勝利に大きく貢献した。

 178㎝、90㎏という社会人の中でも堂々とした体格を生かしたパワーピッチングが持ち味。少し上半身の力が強いフォームに見えるが、リリースでしっかりとボールを抑え込むことができており、ミットを叩くボールの音が明らかに他の投手とは違った。