金村尚真(富士大)

プロを次々に輩出!富士大に現れた2年生投手「金村尚真」の実力は? 再来年のドラフト候補に浮上も

 変化球も130キロ台前半のスライダー、135キロ程度のフォークとスピードのあるボールをしっかり操れるのが長所だ。緩いボールがレベルアップすれば、さらにストレートが生きてくるだろう。

 翌週のノースアジア大戦では7回参考ながらノーヒット・ノーランを達成。9月12日の八戸学院大戦では、ドラフト上位候補の大道温貴(4年・投手・春日部共栄)と投げ合って、1対0で3安打完封という見事な投球を続けている。このまま結果を残していけば、再来年にはドラフト候補として注目を集める可能性が高いだろう。

この日の成績

7回2/3 被安打6 3失点(自責点0) 9奪三振 1死球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)  

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita