佐藤蓮(上武大)

遅れてきたドラフト候補か? “150キロ右腕”上武大「佐藤蓮」の評価が急上昇

 フォームについてはテイクバックで肘がきれいに立たず、少し腕の振りが体から遠いように見える。また、下半身の粘りや体の割れももうひとつで、リリースのばらつきも少し気になった。

 ただ、目に見えて重大な欠点があるというわけではなく、しっかりと軸足に体重を乗せてからステップすることができており、フィニッシュではしっかりと左足で体重を受け止めてられていた。ボールへの力の伝え方が上手く身についてきた結果が、最終学年でのブレイクに繋がったと言えるだろう。

 リーグ戦での実績が乏しいだけにプロ側も判断が難しいところではあるが、多くのスカウトが詰めかけた中でこれだけの投球を見せたことで評価を上げたことは間違いないだろう。リリーフが手薄な球団にとっては非常に魅力的な選手である。

この日の成績

1回 被安打0 0失点 3奪三振 0四死球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)  

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita