清水敬太(作新学院大)

無名高出身の好素材! 作新学院大「清水敬太」はプロを狙える“本格派右腕”

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れで開幕したが、アマチュア野球もようやく本格的に各カテゴリーで公式戦が行われるようになってきている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は再来年のドラフト候補になりそうな本格派右腕を紹介する。

【2020年9月10日】関甲新学生野球秋季リーグ戦

上武大10-1作新学院大

 上武大が序盤から圧倒して大勝をおさめたが、敗れた作新学院大で希望の光となったのが5番手でマウンドに上がった2年生の清水敬太(投手・朝霞西)だ。高校時代は全国的には無名だったものの、埼玉県内では評判となっていた右腕で、昨年秋のリーグ戦にも登板している。9月6日に行われた新潟医療福祉大との試合では先発を任されて1回を持たずに降板となっているが、この日はその雪辱を晴らす投球を見せた。

 7回表、ワンアウト満塁のピンチからの登板となったが、上武大の4番でドラフト上位候補である古川裕大(4年・捕手・久留米商)を全てストレートで三球三振に抑えると、続く打者に死球を与えて押し出しで1点は献上したものの(自責点は0)、その後も三振を奪ってピンチを切り抜けて見せた。結局、リーグ王者の上武大を相手に2回2/3を投げて被安打1、5奪三振の快投。本人にとっても大きな自信となったことは間違いないだろう。