伊藤佑悟(菰野)

三重・菰野にまた好投手現る! 大型右腕「伊藤佑悟」は将来性“抜群”の逸材だ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れで開幕したが、アマチュア野球もようやく本格的に各カテゴリーで公式戦が行われるようになってきている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は毎年好投手を輩出する公立校に現れた将来性抜群の大型右腕を紹介する。

【2020年8月2日】高校野球三重独自大会

いなべ総合6-2菰野

 三重県を代表する公立強豪校同士の対戦となったこの試合。前評判が高かったのはいなべ総合の伊東邑航(3年・投手)だったが、先に目についたのは菰野の大型右腕、伊藤佑悟(3年・投手)だ。185cmの長身で手足が長く、力みなくスムーズに上から腕が振れるのが最大の長所。スタミナ面に不安があるからか序盤は7~8割程度の力で投げているように見えたが、それでも球速はコンスタントに140キロ台をマークし、最速は146キロにまで達した。

 テイクバックで少し右肩が下がる動きがあるのは気になったものの、大型投手にありがちなギクシャクしたところやバランスの悪さがなく、しっかりとホームベース方向に向かって体重移動することができている。フォームに躍動感が加わってくれば、楽に150キロを超えそうな雰囲気があった。

 変化球で目立ったのはカーブだ。110キロ台のボールと、更に遅い100キロ程度のスローカーブの2種類があり、ストレートをさらに速く見せることができている。

 ただ、課題は決め球となる変化球だ。縦のスライダーは悪くないボールだが、スピードは120キロ前後のため空振りをとるボールとしては不十分だった。もう少しスピードがあって、ストレートと見分けのつかないようなボールをマスターできれば、さらに凄みが出てくるだろう。