中村彪(ノースアジア大)

東北は人材の宝庫 ノースアジア大「中村彪」はドラフト注目の本格派右腕だ!

 プロアマ野球研究所(PABB lab)では、全国各地で行われているアマチュア野球の試合を現地で取材して、ドラフト会議で注目される選手や今後の飛躍が期待される選手の実力を分析している。今回は来年の候補として期待される大学3年生の本格派右腕を紹介する。

【2020年8月22日】北東北大学野球秋季リーグ戦

青森大5-3ノースアジア大

 昨年秋の優勝チームである青森大が接戦を制したが、個人的に強く印象に残ったのはノースアジア大の先発マウンドに上がった中村彪(3年・投手・久慈工)だ。1年秋には当時リーグ戦9連覇中だった富士大を相手に1失点完投勝利で初勝利をマークし、そのシーズンでは最優秀防御率のタイトルも獲得している。

 プロフィールは174㎝、65㎏ということだが、マウンド上ではこの数字よりも明らかに大きく見え、細身だが長いリーチの投手らしい体形がまず目立つ。フォームは左足を二度上げるいわゆる二段モーションだが、その動きによってしっかりと軸足にためを作ることができており、下半身主導でリズム良く縦に腕を振ることができるのが長所。