長尾光(ノースアジア大明桜)

フォームが佐々木朗希に似てる? ノースアジア大明桜「長尾光」は十分プロ入りを狙える実力がある!

 プロアマ野球研究所(PABB lab)では、全国各地で行われているアマチュア野球の試合を現地で取材して、ドラフト会議で注目される選手や今後の飛躍が期待される選手の実力を分析している。今回は今年の東北でも屈指の本格派右腕を紹介する。

【2020年8月11日】高校野球東北大会

ノースアジア大明桜1-2仙台育英(延長10回タイブレーク)

 好投手を多く抱えると、評判のノースアジア大明桜だったが、昨日紹介した風間球打(2年・投手)の後を受けた長尾光(3年・投手)も延長タイブレークで負け投手となったものの、評判通りのピッチングを見せた。少し反動をつけて左足を高く上げるフォームは佐々木朗希(ロッテ)と雰囲気が重なり、その後少し一塁側に体が流れるのは気になるものの、下半身の柔らかさが感じられるのが特長だ。

 ゆったりと軸足に体重を乗せてから、左右にぶれることなく捕手に向かって直線的にステップすることができており、フォームにメリハリがあるのもいい。下半身だけでなく、肘の使い方にも柔らかさがあり、球持ちの長さも光った。

 ストレートはコンスタントに140キロ台で、この日の最速は145キロをマーク。横に滑るスライダー、対になるチェンジアップ、決め球となるフォークと変化球もしっかり腕を振って投げることができており、制球力も高い。高校生でこれだけ安定感のある投手は全国でもそうはいないだろう。