風間球打(ノースアジア大明桜)

東北に再び怪物現る? “最速150キロ”ノースアジア大明桜「風間球打」の溢れる“大器感”

 プロアマ野球研究所(PABB lab)では、全国各地で行われているアマチュア野球の試合を現地で取材して、ドラフト会議で注目される選手や今後の飛躍が期待される選手の実力を分析している。今回は来年上位候補になることが期待される東北の大型右腕を紹介する。

【2020年8月11日】高校野球東北大会

ノースアジア大明桜1-2仙台育英(延長10回タイブレーク)

 昨日は伊藤樹(2年・投手)、一昨日は笹倉世凪(2年・投手)と仙台育英の2年生投手を続けて紹介したが、現時点で彼らを上回るパフォーマンスを見せているのがこの日ノースアジア大明桜の先発マウンドに上がった風間球打(2年・投手)だ。1年春の東北大会でもそのピッチングを見たが、わずか1イニングだけの登板だったがセンスの良さは十分に伝わってきた。そこから1年で大幅にパワーアップを果たし、秋田の独自大会では最速150キロもマークしたと言われている。

 下級生らしくまだ細身ではあるが、手足が長く、マウンド上で大きく見える。そしてその長いリーチを真上から豪快に振り下ろすことができており、ボールの角度は190㎝以上ある投手のように感じるほどだった。立ち上がりからコンスタントに145キロ前後のスピードを記録し、この日の最速は147キロをマーク。そしてその数字以上にボールの勢いが感じられるというのが得難い長所だ。

 左右のぶれがないフォームのため、逆球も少なく、コーナーいっぱいに決まると仙台育英レベルの打者でもなかなか手が出ない。初回にドラフト候補である入江大樹(3年・遊撃手)にタイムリースリーベースこそ浴びたものの、6回まで投げて打たれたヒットはわずかにこの1本だった。