中京大中京・高橋宏斗(撮影・西尾典文)

“超高校級右腕”中京大中京「高橋宏斗」が見せた“桁違い”の投球にスカウト陣が驚愕! 進学表明もプロ入りのススメ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は今年の高校球界を代表する右腕のこの夏初登板をレポートする。

【2020年8月1日】高校野球愛知大会

栄徳1-5中京大中京

 昨年秋の明治神宮大会を制し、中止となった選抜高校野球でも優勝候補の筆頭と見られていた中京大中京。最注目はやはりエースの高橋宏斗(3年・投手)だ。ここまでの3試合はいずれも登板はなく、4回に先発の飯島大斗(3年)が1点を奪われて、なおも一死一塁の場面がこの夏の初登板となった。そして、ここから高橋は圧巻のピッチングを見せる。二人の打者にストレートを10球続けて空振り三振とショートゴロでピンチを脱したが、そのうち6球が150キロを超え、最速は152キロに達したのだ。

 ランナーが一塁にいたこともあって、クイック気味に投げていてこれだけのスピードがあるのは驚きである。6月に行われた愛工大名電との練習試合でも150キロ台を連発したとは聞いていたが、秋と比べてもボールの勢いと質がアップしたことは間違いない。続くイニングでも150キロ台をコンスタントにマークし、最終的にはこの日17球が150キロを超えた。

 先にスピードのことを書いたが、決して速いだけではない。ほぼ全てのボールがしっかりと指にかかり、高めに浮いたり引っかかったりすることがなく、自分の意図通りにコントロールすることもできているのだ。基本的にはアウトコース中心だが、時折内角を突くことも忘れない。昨年夏の奥川恭伸(星稜→ヤクルト)と比較しても、ストレートの勢いと精度は全く遜色ないレベルにあるだろう。