北嶋洸太(駒大苫小牧)

プロ注目!駒大苫小牧エース北嶋洸太、北海道を代表する“本格派右腕”の実力

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は今年の北海道を代表する本格派右腕を紹介する。

【2020年7月25日】高校野球南北海道・室蘭地区大会

駒大苫小牧8-1室蘭栄

 先日、ベースボールキングに寄稿した記事のなかで紹介した苫小牧中央のエース、根本悠楓(3年・投手)だが、その根本の前に立ちはだかる存在となっているのが駒大苫小牧のエース、北嶋洸太(3年・投手)だ。昨年は春、夏、秋と3季連続で直接対決し、いずれも北嶋が根本に投げ勝っている。

 以前、北嶋のピッチングを見たのは1年秋の全道大会だったが、その時は肘の故障もあって、まとまりはあるもののストレートは130キロ台前半と、強い印象を残すことはなかった。

 しかし、当時と比べても体つきは一回り大きくなり、腕の振りも投げるボールも別人のような成長を遂げていた。少しテイクバックの大きいフォームだが、引っかかるようなところがなく、スムーズに腕を振り切ることができている。

 上半身の強さもさることながら、ステップした左足でしっかりと体重を受け止めることができており、フォームのバランスも素晴らしい。ステップする前に少し沈み込む動きが入り、立ち上がりはリリースが安定せずに暴投で1点は失ったものの、2回にはしっかり立て直してみせた。

 フォームの雰囲気、力強い腕の振りは則本昂大(楽天)とイメージが重なる。ストレートはコンスタントに140キロ台をマークし、この日の最速は145キロと高校生としては十分な速さがあり、その数字に見合うだけの球威を感じた。