北の大地で“好素材”を発見… 北海道栄「印南伊吹」&「駒沢俊星」は“ドラフト候補”への成長を期待できる!

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は将来のドラフト候補になりそうな北海道の有望株二人を紹介する。

【2020年7月24日】高校野球南北海道・室蘭地区大会

苫小牧中央5-0北海道栄

 この日のお目当ては苫小牧中央のエース、根本悠楓(3年・投手)。スタンドには10球団のスカウトがつめかけたが、その期待に十分応えるピッチングで見事完封勝利をマークした。根本についてはベースボールキングに『高校屈指のサウスポーに10球団のスカウトが集結!苫小牧中央・根本悠楓が駆使する「必殺スライダー」』という記事を寄稿しているのでそちらをぜひご覧いただきたいが、ここでは対戦相手の北海道栄から二人の好素材を紹介する。

【2020年7月24日】高校野球南北海道・室蘭地区大会

苫小牧中央5-0北海道栄

 一人目は先発のマウンドに上がった印南伊吹(3年・投手)。181cm、67kgとまだまだ細身の体つきながら、フォームの流れがスムーズで力みなく前で腕を振ることができており、球持ちの長さが光った。この日の最速は137キロだったが、フォームに目立った欠点がないため、体ができてくれば楽に140キロ台中盤をマークするようになるだろう。変化球もカーブ、スライダー、チェンジアップと一通り操り、しっかり低めに集められる。4回に味方のエラーが絡んで一気に3点を失ったのが痛かったが、7回を自責点1にまとめた。