古谷瞳伍(宮崎日大)

将来性豊かな2年生投手! 宮崎日大「古谷瞳伍」はセンスに溢れていた ソフトバンク「武田翔太」は中高の“先輩”

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は来年以降が楽しみな宮崎の2年生右腕を紹介する。

【2020年7月17日】高校野球宮崎県代替大会

宮崎日大1-0妻

 1点を争うロースコアの接戦を宮崎日大が制したが、その原動力となったのが先発マウンドに上がった背番号10の古谷瞳伍(2年・投手)だ。中学時代は宮崎市立住吉中の軟式野球部でプレーしており、3年時には宮崎県選抜にも選ばれている右腕だ。ちなみに武田翔太(ソフトバンク)は中学、高校両方の先輩ということになる。

 2年生ということで体つきはまだ細いが、目立ったのはフォームの流れの良さだ。ゆったりと左足を上げ、下半身でしっかりとリードすることができており、上半身に無駄な力が入らずに楽に腕を振ることができている。テイクバックに入る時にわずかに腰が回転する動きがあるのは気になったものの、モーションを起こしてからリリースするまでの動きに、自分のリズムというものをしっかり持っているように見えた。