江越啓太(三菱日立パワーシステムズ)

“社会人屈指の遊撃手”三菱日立パワーシステムズ「江越啓太」は攻守ともにハイレベル 活躍次第でドラフト候補に浮上も… 

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は攻守に高いレベルのプレーを披露した社会人屈指の遊撃手を紹介する。

【2020年7月16日】社会人野球オープン戦

三菱日立パワーシステムズ0-7JR東日本

 JR東日本投手陣が先日紹介した伊藤将司(24歳・投手・横浜→国際武道大)など4人のリレーで2安打完封勝利を演じたが、その2安打を一人で放ったのが三菱日立パワーシステムズのトップバッター、江越啓太(23歳早生まれ・遊撃手・川崎工科→神奈川大)だ。神奈川大では4年春にベストナインを獲得し、そのシーズンに出場した大学選手権でもチームは初戦で敗れたものの、トップバッターとして2安打をマーク。ルーキーだった昨年も公式戦ではチームトップの3本塁打を放っている。

 早めにトップの形を作り、ボールを見る姿勢が良いので余裕を持ってタイミングをとることができるのが最大の長所だ。ヘッドも中に入り過ぎず、絶妙に良い角度で上手くおさまり、振り出しの鋭さも目立つ。第一打席では伊藤の速いボールをファウルにした後、抜いた低めのチェンジアップに崩されることなくしっかりと踏み込んできれいにセンター前に弾き返した。

 第4打席は詰まったものの、しっかりと振り切って三遊間に運び内野安打としている。トップバッターだが当てにいくようなスイングをすることがなく、体を残してしっかりと振り切れるのが素晴らしい。スイングのバランスも良く、甘く入ったら長打も出そうな雰囲気は十分だった。しっかり振り切ってから走り出すので驚くようなタイムは出ないが、それでも内野安打での一塁到達は4.24秒をマークしており、脚力も十分だ。