遠藤康平(SUBARU)

SUBARU「遠藤康平」が誇るパンチ力と守備力、内野の選手層が薄い球団は今秋ドラフトで狙い目か? 

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は小柄ながらパンチ力と高い守備力を兼ね備えた社会人のショートを紹介する。

【2020年7月4日】足利市総合運動場硬式野球場リニューアル記念親善試合

全足利クラブ2-7SUBARU

 SUBARUの野手で昨日取り上げた野平大樹(24歳・三塁手・樹徳)とともに目立ったのが1番、ショートで出場した遠藤康平(24歳早生まれ・遊撃手・常葉菊川→青山学院大)だ。常葉菊川時代は3年時に春夏連続で甲子園に出場し、選抜ではホームランも放つなど活躍。青山学院大でも1年春からいきなりレギュラーをつかんで打率3割をマークして新人賞を受賞している。しかし、その後は二部でのプレーが続き、好不調の波が大きく目立った結果を残せず、大学4年時にはプロ志望届を提出したものの指名は見送られた。

 社会人でも今年が3年目でプロ入り解禁の年を過ぎているが、この日は攻守に目立つプレーを見せた。まずショートの守備だが、捕球してから投げるまでの流れが速く、常にワンステップで送球している。

 社会人でも意外とこれができる選手は少なく、無駄なステップを踏んでいることが多いが、遠藤はそういうところがない。その分、余裕を持って投げることができており、少し力を抜いてコントロール重視で投げても、楽にアウトにすることができていた。体は大きくないが、地肩の強さも申し分ない。

 バッティングは第一打席に追い込まれてから外の難しい変化球をとらえてセンター前に弾き返したが、決して当てに行かずに鋭く振り切れるのが持ち味。トップの形が安定しており、無駄なバットの動きがない。スイングのキレも大学時代よりアップしたように見え、パンチ力も備えている。ただ、少し気になったのがアウトステップ気味なところ。続く3打席では体が残せずに快音を響かせることができなかった。