宮川凛士(帝京大可児)

岐阜の新興勢力「帝京大可児」に現れた“もう一人の好投手” 「宮川凛士」の光るセンスの良さ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は岐阜の新興勢力に現れた2年生の有望株を紹介する。

【2020年6月28日】高校野球練習試合

享栄5-4帝京大可児

 最速152キロ右腕の加藤翼(3年・投手)に注目が集まる帝京大可児だが、下級生の宮川凛士(2年・投手)も好素材だった。先発した加藤の後を受けて5回からマウンドに上がり、5イニングを投げて3点は失ったものの、イニング数を上回る7個の三振を奪う好投を見せた。身長は180㎝に満たないとのことだが、なで肩でリーチの長いいかにも投手らしい体つきで、姿勢も良いためマウンド上で大きく見える。

 そして、素晴らしかったのがその長いリーチの使い方だ。早めに右手を下げるフォームだが、テイクバックでの肘のたたみ方が上手く、体に沿うようにして高い位置から腕を振ることができる。左肩の開きもよく我慢しており、前で大きく腕が振れるため、打者からするといきなりボールが出てくるように見えるだろう。フィニッシュでしっかりと左足に体重が乗っており、全体的なフォームのバランスの良さも感じられた。