大阪桐蔭でセンバツ優勝…青学大「泉口友汰」は“大学球界屈指”の守備力を誇る遊撃手 来秋のドラフト候補に浮上も

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は来年のドラフト戦線を賑わせる可能性の高い、大学球界きっての守備力を誇るショートを紹介する。

【2020年7月11日】大学野球・社会人野球オープン戦

青山学院大0-2JR東日本

 敗れた青山学院大だが、野手で存在感を見せたのがショートの泉口友汰(3年・大阪桐蔭)だ。高校時代からその守備力には定評があり、3年時は春夏連続で甲子園に出場し、選抜優勝にも大きく貢献している。一学年下の根尾昂(中日)が当時ショートではなく外野を守っていたのは、泉口がいたからだ。

社会人を相手のオープン戦でもシートノックからその動きの良さは目立つが、まず素晴らしいのが一歩目の出足だ。打球に対する反応が良く、最初に速く動いてボールとの距離を詰められるので、捕球する前には常に余裕が生まれている。

そして、実際に捕球する時には少し動きを緩めて入り、捕球したらまた素早く持ち替えてスローイングに移るという流れがスムーズである。少し変わった例えだが、その動きは減速と加速を巧みに繰り返して、スムーズにコーナーリングするF1マシンを思い起こさせた。送球も軽く投げているようでボールに伸びがあり、地肩の強さも申し分ない。1回表には満塁のピンチで4-6-3の併殺を完成させたが、ベース周りの素早い動きと強い送球は見事だった。