山科颯太郎(兵庫ブルーサンダーズ)

山科颯太郎&藤山大地  関西独立リーグで“可能性”を感じさせた2人の投手

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は関西独立リーグから二人の投手を紹介する。

【2020年6月19日】関西独立リーグ

06BULLS7-5兵庫ブルーサンダーズ

 兵庫は昨日紹介した落合秀市(19歳・投手・和歌山東)の前に登板した二人もなかなか見どころがあった。一人目は落合と同じく高校卒1年目の山科颯太郎(19歳・投手・九州文化学園)だ。高校時代も長崎県内では評判の右腕で、その最速は148キロとも報道されていた。この日は5回途中から2番手として登板。いきなり2安打を許したものの、その後の打者を抑えて1回を無失点で切り抜けた。

 171㎝と上背はないものの、目についたのはフォームの躍動感だ。テイクバックで少しトルネード気味に体をひねるが、そこから全身を使って腕を振ることができている。アクションが大きいフォームはそれだけリリースもぶれやすいが、山科の場合はそのようなマイナスよりもプラスの面が大きいように見えた。この日のストレートの最速は139キロだったが、数字以上にボールの勢いがあり、打者も差し込まれることが多かった。

 コントロールはまだアバウトだが、指にかかった時のボールは低めもよく伸びる。また130キロくらいで横に滑るスライダーとカットボールの中間のようなボールもなかなか面白い。勢いを残したまま上手くまとまりが出てくれば、今後が楽しみな存在である。