群馬を代表する本格派右腕! 桐生第一「蓼原慎仁」に感じた“将来性”

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースも3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回はこの冬に大きな成長を遂げた群馬を代表する本格派右腕だ。

【2020年6月27日】高校野球練習試合

横浜9-1桐生第一(7回コールド)

 横浜高校に大敗を喫した桐生第一だが、昨年秋の関東大会では準決勝に進出しており、個々の能力は決して低くなかった。そんな中でも将来性の高さを感じたのが先発マウンドに上がった蓼原慎仁(3年)だ。秋は背番号10で公式戦の登板はわずか2試合だったが、10回を投げて1失点(自責点1)と安定した投球を見せている。そして、冬のトレーニング期間に大きく成長して、その最速は144キロに達したと伝えられていた。

 この日は4回を投げて6失点で降板したものの、横浜の強力打線を相手に投球回数を上回る5奪三振をマークして素質の片鱗を見せた。この日マークしたストレートの最速は141キロ。驚くような速さではないが、回転の良さを感じるボールで特に高めには威力があった。そのストレートを、しっかりと腕を振って相手打者の内角に投げ込めるというのが蓼原の大きな長所でもある。この日奪った5個の三振のうち、4個はストレートが決め球だった。