栃木ゴールデンブレーブス・山田綾人(撮影・西尾典文)

プロを狙える2人の大型右腕! BC栃木「山田綾人」&「橋詰循」の実力は?

栃木ゴールデンブレーブス・橋詰循(撮影・西尾典文)
栃木ゴールデンブレーブス・橋詰循(撮影・西尾典文)

 もう一人注目したのが、9回にマウンドに上がった橋詰循(26歳・津名→千葉経済大)だ。大学まではそれほど注目されていた存在ではないが、BCリーグで成長しそのストレートは150キロを超えるまでになっている。入団1年目は速くても不安定だったが、徐々にコントロールも改善。この日も先頭打者に四球を与えたものの、最速147キロをマークして後続の三人を打ちとって試合を締めた。190㎝の長身から投げ下ろすストレートと、落差のあるフォークが武器。1年目は6点台、2年目は5点台だった防御率は昨年3点台前半まで改善し、今年はここまで3試合に投げてまだヒットを許していない。今年で26歳でNPB入りにはラストチャンスという年齢だが、安定した投球を続けられれば十分にその可能性も見えてくるだろう。

この日の成績

・山田綾人

1回 被安打0 0失点 1奪三振 0四死球

・橋詰循

1回 被安打0 0失点 1奪三振 1四球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita