栃木ゴールデンブレーブス・石田駿(撮影・西尾典文)

独立リーグで逸材を発見…“剛腕サイドスロー”石田駿、大学時代は登板ゼロ!

「そうです。持ち球はあとカットボールがありますが、今日は投げていません」

-公式戦の登板はいつ以来ですか?

「公式戦は…、ちょっと覚えてないくらいですね。大学では1試合も投げていないです。高校時代は怪我もあったので、公式戦は(1年生の時の)新人戦くらいですね。そう考えるとだいぶ投げてないですね(笑)自分でも改めて考えてびっくりしました」

 こんな投手が隠れていたことは本当に驚きである。2球団のスカウトが視察に訪れていたが、評判が広まるのは時間の問題だろう。今後も石田のピッチングにぜひ注目してもらいたい。

この日の成績

1回 被安打0 0失点 2奪三振 0四死球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita