白鴎大足利・中沢匠磨(撮影・西尾典文)

ドラフト候補の横浜高「度会隆輝」を封じた…白鴎大足利「中沢匠磨」の将来性

 度会との対戦でもそうだったが、変化球のコントロールはまだまだで、引っかけてワンバウンドになるボールが目立った。ただ腕の振りが緩まずに、しっかり振り切れるのは好感が持てる点である。

 横浜は下級生が出場していなかったとはいえ、中軸はレギュラーメンバーであり、その打者をしっかり抑えきったというのは自身になったはずである。体が大きくなれば楽に145キロ以上はマークしそうな雰囲気があり、順調にいけば来年はドラフト候補として評判になることは間違いないだろう。

この日の成績

2回 被安打0 0失点 1奪三振 3四球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita