Honda鈴鹿・貞光広登(撮影・西尾典文)

攻守に質の高い社会人内野手! Honda鈴鹿「貞光広登」の確かな実力

 守備の動きも軽快で、三度あったサードゴロも危なげなくこなした。高校時代はショート、大学時代はセカンドを守ることが多かったが、内野ならどこでも守れる器用さを持ち合わせている。

 何か特別飛び抜けたところがないのは課題と言えるが、全てのプレーの質が高く、実戦的な選手であることは間違いない。社会人でしっかり結果を残すことができれば、来年のドラフト候補になる可能性も十分にありそうだ。

この日の成績

4打席2打数2安打2四球

ライトツーベース・ライトツーベース・四球・四球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita