Honda鈴鹿・長野勇斗(撮影・西尾典文)

三重高校時代に甲子園で準V  Honda鈴鹿「長野勇斗」は社会人屈指のスピード

 高校時代からもうひとつ肩の強さが見えないのは弱点だったが、この日のシートノックではレフトから素早い返球を見せていた。高校、大学では内野も任されており、多くのポジションをこなせるのも強みだ。

 社会人一年目の昨年は目立った成績を残すことはできなかったが、この日のプレーぶりを見ると今年は順調に来ているように見える。持ち味のスピードとパンチ力、そしてユーティリティぶりをアピールできれば、高校と大学での実績は十分なだけにドラフト戦線に浮上してくる可能性は十分にあるだろう。

この日の成績

3打席3打数1安打

センターフライ・レフト前ヒット・ショートゴロ

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita