大阪商業大・福元悠真(撮影・西尾典文)

智弁学園でセンバツ優勝…大商大「福元悠真」がドラフト戦線を賑わす存在に!

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、プロ野球のペナントレースは3カ月遅れでようやく開幕したが、アマチュア野球もまた、6月に入ってオープン戦などが再開されている。プロアマ野球研究所(PABB lab)は、これらの試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析していく。今回は、智弁学園出身で大阪商業大で活躍する有望選手を取り上げたい。

【2020年6月20日】オープン戦

大阪商業大1-6JFE西日本

 1点に抑えられて敗れた大阪商業大で一人気を吐いたのが4番に座った福元悠真(3年・三塁手・智弁学園)だ。智弁学園では1年秋からレギュラーとなり、2年春に出場した選抜では4番打者として村上頌樹(東洋大4年)らとともに優勝も経験している。大阪商業大に進学後は昨年から指名打者としてスタメンに定着し、春のリーグ戦では打率.327をマークして新人賞に当たる平古場賞も受賞した。

 高校時代からバッティングは目立っていたが、大学で一回り体が大きくなり、力強さがアップした印象を受ける。第一打席では先発したアンダースローの津山裕希(23歳・明秀日立→中部学院大)のボールをしっかり呼び込んでセンター前に運んだが、力任せになり過ぎずに、ボールをしっかり呼び込んでとらえることができていた。その後二打席は凡退したものの、第四打席ではセンター前、第五打席ではレフト前といずれも速いボールを強く弾き返して3安打猛打賞を記録。4番としての役割をきっちり果たして見せた。

 タイミングをとる時にバットが動くところと、踏み込んだ左足の膝が早く割れるのは少し気になるところだが、いずれも極端なものではない。腕力も強そうだがそれだけではなく、しっかり下半身を使って振ることができており、フルスイングの迫力は十分だ。

 第一打席のところでも触れたが、基本的にボールをしっかり呼び込んで打とうという意識が強いように見えるが、それでも速いボールに振り負けずにしっかりと押し込むことができている。チームの中でも明らかに打球の力強さが一人だけ違う印象を受けた。