セガサミー・吉田高彰(撮影・西尾典文)

“捕手不足”の球団はマーク必至? セガサミー「吉田高彰」の確かな実力とは…

 新型コロナウイルスの感染拡大により、夏の甲子園が中止となるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、攻守に確かな実力を感じるセガサミーの捕手を取り上げたい。

【2019年8月15日】社会人野球関東選抜リーグ

日立製作所0-2セガサミー

 セガサミーの野手では昨日紹介した市根井隆成(24歳・外野手・前橋商→上武大)とともにキャッチャーの吉田高彰(24歳・捕手・智弁学園→上武大)も注目選手だ。高校時代は岡本和真(巨人)とともに正捕手として甲子園に出場。上武大でも早くからレギュラーとなり、当時は市根井よりも確実にプロからの注目度は高かった選手だ。この日は9番で出場したが、第2打席で貴重な追加点となるタイムリーを放ち、第3打席でも右中間を破るツーベースを放って存在感を示した。

 大学時代も下位を打つことが多かったが、決して守るだけの選手ではない。年々力強さはアップしており、4年秋にはリーグ2位の高打率を残している。少しホームベースから離れて構え、そこから踏み込んでいくスタイルのスイングが特徴。ステップが少し淡白で、スイングの軸が傾きやすいのは気になるが、リストワークは巧みなものがあり、ミート力は低くない。

 キャッチャーらしく配球を読んで、時折長打を狙ったようなフルスイングを見せることもあり、大学4年間でリーグ戦通算5本塁打も記録している。社会人1年目の昨年は公式戦の打率は.228と少し苦しんだが、打点はチーム3位となる数字をマークしており、勝負強さがあるのも持ち味だ。