千葉黎明・千葉汐凱 (撮影・西尾典文)

元中日のエースを彷彿…千葉黎明「千葉汐凱」は将来的にプロ入りも可能だ!

 新型コロナウイルスの感染拡大により、夏の甲子園が中止となるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、将来性が豊かな千葉黎明の左腕を取り上げたい。

【2019年4月29日】春季高校野球千葉県大会

日体大柏4-5×千葉黎明(延長10回サヨナラ)

 スケールの大きさでは、昨日の記事で紹介した箱山優(3年・投手)が目立った一方、先発として投げ合った千葉黎明のサウスポー、千葉汐凱(3年・投手)も好素材だった。2回に味方のエラーも絡んで3点を失ったものの、3回からはしっかりと立て直し、8回まで0を並べて見せた。それほど上背があるわけではないが、上手く上半身の力を抜いてシャープに腕が振れるのが長所。腕の振りが体から近いので、左右のコントロールも安定している。スピードは130キロ台前半が多いが、勝負所ではしっかり力を入れてギアを上げることができ、この日の最速は138キロをマークした。

 フォームの雰囲気でイメージが重なるのが、中日のエースとして活躍した野口茂樹だ。右足を上げたときにネット裏から見てわずかに体が“くの字”に傾くが、スムーズに体重を移動しており、フォームのバランスも悪くない。高校生のサウスポーの場合、クイックができない投手も少なくないが、無駄な動きがなく身のこなしも軽いため、楽にこなすことができていた。