日体大柏・箱山優(撮影・西尾典文)

元鷹戦士「新垣渚」に重なるイメージ 日体大柏「箱山優」の将来性に期待大

 新型コロナウイルスの感染拡大により、夏の甲子園が中止となるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は日体大柏が誇る期待の右腕を取り上げたい。

【2019年4月29日】春季高校野球千葉県大会

日体大柏4-5×千葉黎明(延長10回サヨナラ)

 試合開始直後から目立ったのが日体大柏の先発、箱山優(3年・投手)だ。まだまだ細く上半身の強いフォームだが、長いリーチを生かした豪快な腕の振りでストレートの最速は141キロをマークした。課題は下半身の弱さ。見るからにステップの幅が狭く、一塁側に体が流れる。テイクバックで腕が背中に入り、腰を回す動きもあるため、コントロールも左右にぶれることが多かった。

 ただ、そんな課題がありながらも、指にかかったボールは低めでも勢いが落ちないというのが大きな長所である。変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップと一通り投げるが、いずれも腕の振りが弱い。しかし、試合が進むにつれて、徐々にスライダーで腕が振れるようになり、中盤にはキレも出てきていた。

 フォームの雰囲気や体の使い方は新垣渚(元ソフトバンクなど)にイメージが重なる。体の使い方もどちらかというとサイドスローに近いため、新垣と同様に少し肘を下げてスリークォーター気味にした方がフォームの流れもスムーズになりそうだ。