桜美林大・松葉行人 (撮影・西尾典文)

東海大甲府時代に甲子園で活躍…桜美林大「松葉行人」が魅せる“七色の変化球”

 新型コロナウイルスの感染拡大により、夏の甲子園が中止となるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、東海大甲府出身で甲子園でも活躍した、桜美林大のエースを取り上げたい。

【2019年4月6日】首都大学野球春季リーグ戦

筑波大1-0桜美林大

 息詰まる投手戦を筑波大が制したが、敗れた桜美林大のエース、松葉行人(4年・投手・東海大甲府)も自責点0、12奪三振と見事なピッチングを見せた。高校2年夏に甲子園に出場し、背番号10ながら全3試合にリリーフで登板。敗れた早稲田実戦では清宮幸太郎に2本のツーベースを打たれたが、当時からまとまりのある投球に見どころがあった。

 大学でも早くから先発を任されているが、良い意味で高校時代からイメージが変わらない。スピードは140キロ前後でこの日の最速も144キロと大学生にしては平凡だが、上からきれいに縦に腕が振れ、ボールの角度は申し分ない。走者がいない時は力を抜いて投げ、ここ一番の勝負所ではギアを上げられるのも長所。右打者にも左打者にもしっかり内角を突くことができる。5つの四球を与えたが、決してコントロールを乱していたわけではなく、丁寧にコーナーに投げたのがわずかに外れたという感じだった。