埼玉栄・田村大也(撮影・西尾典文)

注目のサウスポー!埼玉栄「田村大也」に見た将来性 腕の振りが“秀逸”だ!

 新型コロナウイルスの感染拡大により、夏の甲子園が中止となるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、埼玉栄の3年生サウスポーを取り上げたい。

【2019年8月18日】秋季高校野球埼玉県新人大会

浦和実10-4埼玉栄

 埼玉栄で内田了介(3年・外野手兼投手)とともに目に付いたのが先発のマウンドに上がった田村大也(3年・投手)だ。180㎝の長身で手足が長く、マウンドでの立ち姿がまず様になっているのがいい。特に、目立ったのが腕の振り。少し小さいテイクバックだが長いリーチを柔らかく使い、前で大きく腕を振ることができる。指にしっかりとかかったボールはサウスポーらしい角度があり、ボールの出所も見づらいため、打者が差し込まれるシーンも多かった。