常総学院・菊地竜雅 (撮影・西尾典文)

常総学院の150キロ右腕「菊地竜雅」 総合力で高校上位、ドラフト候補に浮上も

 フォームで少し気になるのは上半身と下半身が同時に回転するところ。下半身の強さも申し分ないものの、どうしても上半身の力で投げようとしているように見え、投げ終わった後に、一塁側に体が流れやすいのも課題である。右打者の外角にボールが集まりやすい投げ方だが、それでいながらも意外に内角に狙って速いボールが投げられるというのはリリースの感覚が良いからだ。ストレートもカウントをとるボールと勝負球を上手く投げ分け、8回まで投げて無四死球とコントロールも安定していた。

 安定しているのは、ストレートだけではない。変化球はスライダーが中心となるが、曲がりの大きさに差をつけて、こちらもカウントをとるボールとしても決め球としても使うことができていた。決してスピードだけの投手ではなく、総合力でも高校生としては高いレベルにある。プロ志望であれば、十分指名される可能性はあるだろう。

※学年は今年4月からの新学年

この日の成績

8回 被安打4 0失点 6奪三振 0四死球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita