日大藤沢・姫木陸斗 (撮影・西尾典文)

“粗削り感”も魅力的! ロッテ藤原恭大とイメージ重なる日大藤沢「姫木陸斗」

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、フルスイングと俊足が魅力の日大藤沢の外野手を取り上げたい。

【2019年7月14日】第101回全国高校野球選手権 神奈川大会

日大藤沢11-1湘南台(6回コールド)

 日大藤沢で牧原巧汰(3年・捕手)とともに目立ったのが姫木陸斗(3年・外野手)だ。2年生(当時)ながら4番に座り、プロフィールは177㎝、76㎏とあるが、姿勢が良く体つきもしっかりしているので、181㎝くらいあるように見える。大きく見える選手というのではそれだけでプラスなことは間違いない。

 バッティングの長所はとにかく常にフルスイングできるところ。最初はグリップを少し低い位置で構えるが、速めにトップの形を作ってグリップを上げて鋭く振り出すことができている。ステップが少し単調に見えるが、右足を着地してから踏ん張って体を残せるのも持ち味だ。全体的には粗っぽく見えるが、細かい形にとらわれるのではなく、とにかく強く振ることに重きを置いているという点には好感が持てた。

 第一打席でいきなりライトへタイムリーツーベースを放つと、最後の打席でも低めの変化球をセンター後方へ運ぶスリーベースを放ち、4番としての役割をしっかりと果たして見せた。バッティングとともに印象に残ったのがベースランニングだ。打撃と同様に少し動きは粗いものの、どんどん加速する姿は迫力十分だった。