静岡・高須大雅(撮影・西尾典文)

中日ドラゴンズJr.出身! 名門・静岡高の大型エース「高須大雅」の魅力とは

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、名門・静岡高でエースナンバーを背負う右腕を取り上げたい。

【2019年8月25日】高校野球秋季静岡県中部地区大会

静清2-3静岡

 静岡で相羽寛太(3年・遊撃手)以外に目に付いたのが1年生(当時)ながら背番号1を背負い、先発マウンドに立った高須大雅(2年・投手)だ。小学校6年時には根尾昂(大阪桐蔭→中日)や石川昂弥(東邦→中日)も選ばれた中日ドラゴンズジュニアに選出されており、12球団ジュニアトーナメントで優勝した実績を持つ。

 プロフィールによると187㎝、72㎏とまだまだ体は細いが、手足が長く、いかにも投手らしい体つきで、マウンド上で大きく見える。フォームはテイクバックで右肩が下がる動きがあり、軸足の右膝が早く折れ、重心が上下動するのが気になるところ。しっかり足で地面をとらえきることができておらず、全体的にフワフワしている印象を受けた。リリースでしっかりボールを抑え込むことができず、立ち上がりから抜けるボールが目立ち、カウントを悪くしてストライクをとりに行ったボールをとらえられるケースも多かった。

 欠点から先に触れたが、もちろん良さも多く備えている。スムーズに右肘が高く上がり、真上から腕を振り下ろすことができるため、指にかかった時のボールは角度十分。この日の最速は134キロだったが、数字以上の勢いを感じた。変化球はスライダーとチェンジアップを操り、フォームのバランスの割にしっかりとストライクをとれるのは指先の感覚が良いからである。走者を出しても粘り強く投げることができ、2点目を奪われた4回を投げ切ったところで降板したが、最後の打者には10球粘られながらも三振で締めて見せた。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita