静岡・相羽寛太(撮影・西尾典文)

攻守ともにセンス抜群の遊撃手! 静岡高「相羽寛太」はプロを狙える好素材

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、攻守に高いセンスを感じさせる名門・静岡高の遊撃手を取り上げたい。

【2019年8月25日】高校野球秋季静岡県中部地区大会

静清2-3静岡

 第一試合に続く強豪校対決は静岡が8回に逆転して競り勝った。そんな静岡で最も目立ったのが相羽寛太(3年・遊撃手)だ。前年秋の東海大会でも1年生ながらショートを任されており、中京大中京にコールド負けしたものの、攻守にセンス溢れるプレーを見せて印象に残っていた選手である。この日は3番ショートで出場したが、まず目立ったのが守備だ。静岡の内野陣は全体的にレベルが高いが、その中にあってもシートノックからプレーのスピード感が一人だけ違う。まさに流れるようなフットワークで、捕球から送球までの動きもスムーズだ。

 ただ、動きが速いだけでなく、細かいステップワークも素早いため、速く動いたままバウンドを合わせることもできる。スローイングの形、送球の強さも申し分なかった。

 その一方で、実戦となると課題が見えたことも確かである。6回に迎えたツーアウト二塁の場面で、走者と重なった打球に対して判断を誤り、後逸するエラーを犯したのだ。センターからの好返球でホームインは許さなかったが、明らかに相羽のミスだった。動きそのものでだけではなく、状況に応じてどう判断してどう動くかなど、先を読む力も養ってもらいたいところだ。

 バッティングについては、昨年秋と比べて体つきが大きくなったこともあり、打席での力強さもアップした印象を受ける。ただ、少し腕力と上半身の力でバットを振ろうとし過ぎてヘッドが下がり、平凡なフライアウトが目立つのは課題である。