静岡商・高田琢登(撮影・西尾典文)

ドラフト1位もあるぞ!静岡商「高田琢登」は高校球界“屈指”のサウスポーだ

 打っても4番に座り、ヒットは1本だったものの、ショートゴロでの一塁到達タイムは4.08秒をマークするなど、運動能力の高さも見せた。体つきはまだ少し細いが、しっかり鍛えれば、よりスケールアップする可能性が高い。

 年初には中日が1位候補としてリストアップしていると報道されており、早くも多くの球団が視察しているとも伝えられている。この日も地区大会にもかかわらず、確認できただけで4球団のスカウトがネット裏につめかけていた。高校生のサウスポーとしては間違いなく全国でも屈指の存在であり、最後の夏にも高い注目を集めることになるだろう。

※学年は4月からの新学年

この日の成績

9回 被安打7 1失点(自責点1) 9奪三振 1四球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita