慶応大・増居翔太 (撮影・西尾典文)

彦根東時代に甲子園で躍動!慶大「増居翔太」は東京六大学の主役になる好左腕

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、大学でスケールアップを遂げた慶応大の左腕を取り上げたい。

【2019年11月10日】オープン戦 慶応大グラウンド

関東学院大1-8慶応大

 今年は木沢尚文(4年・慶応)、佐藤宏樹(4年・大館鳳鳴)など複数の投手がドラフト候補に挙げられている慶応大だが、下級生の投手陣にも好素材が揃っている。この日のオープン戦で先発した増居翔太(2年・彦根東)もその一人だ。初めてそのピッチングを見たのは高校2年春の近畿大会。龍谷大平安の強力打線をわずか2安打に抑え、見事な近畿大会デビューを果たしている。この時の最速は135キロで、ストレートのアベレージは130キロ台前半だったが、球持ちが長く、龍谷大平安のバッターがことごとく差し込まれていたのをよく覚えている。その後2年夏、3年春と二度甲子園にも出場。一時は京都大進学という噂もあったが、慶応大に入学することとなった。

 大学でも1年春からリリーフで6試合に登板。高校時代は130キロ台だったストレートは明らかに速くなり、リーグ戦では146キロまでに到達。この日は最速142キロだったが相変わらず球持ちが長く、関東学院大の打線を4回まで0点に抑え、5つの三振を奪う好投で見事に試合を作って見せた。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita