慶応大・増居翔太 (撮影・西尾典文)

彦根東時代に甲子園で躍動!慶大「増居翔太」は東京六大学の主役になる好左腕

 171㎝、68㎏と小柄だが、その体の小ささが全くマイナスに見えない。ゆったりとしたフォームで下半身にも粘りがあり、高校時代と比べて躍動感も確実にアップした。時折厳しいコースを狙いすぎる点はあるものの、コントロールに緻密さがあり、コーナーワークは見事という他ない。緩急をつけるカーブ、打者の手元で変化するスライダー、チェンジアップも高レベルだ。明治神宮野球大会の後に行われた大学日本代表候補合宿に召集されたが、この日のピッチングをからも当然と感じた。

 タイプ的には石川雅規(ヤクルト)が体格的にもぴったり当てはまるが、投球スタイルは増居のほうが本格派に近い印象を受ける。甲子園や神宮の大舞台でも全く動じることなく、自分のピッチングができる精神的な強さも魅力だ。この小さなサウスポーが、2年後の東京六大学の主役になる可能性も十分にあるだろう。

※学年は今年4月からの新学年

この日の成績

4回 被安打3 0失点 5奪三振 1四球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita