創価・森畑侑大(撮影・西尾典文)

潜在能力は抜群! 創価高のエース「森畑侑大」に感じた豊かな“将来性”とは…

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、創価高校の将来性が豊かな右腕を取り上げたい。

【2019年11月9日】秋季高校野球東京都大会準決勝 神宮球場

創価2-3×帝京(9回サヨナラ)

 この試合については、以前「『新生・帝京』の強さはどこに? 垣間見えた “新たなチームカラー”」(2019年11月10日配信)というタイトルで紹介したが、今回は創価で目立った選手について掘り下げて紹介したい。

 まず、目についたのが先発のマウンドに上がったエースの森畑侑大(3年・投手)だ。183㎝、73㎏というプロフィールからも分かるようにまだまだ細身だが、すらっとした手足の長いいかにも投手らしい体形で、マウンド上で大きく見える。フォームの良さは左肩が開かないところだ。ネット裏から見えていると体が左右に広がらず、腕の振りも体から近いためギリギリまでボールが出てくるところが見えない。縦に腕が振れており、ボールの角度も十分だ。