中京大中京・西村友哉 (撮影・西尾典文)

中京大中京のセンターラインを固める西村友哉&印出太一は高校トップクラス!

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、名門・中京大中京のセンターラインを構成する2人を取り上げたい。

【2019年11月3日】秋季高校野球東海大会決勝戦 長良川球場

中京大中京9-6県岐阜商

 中京大中京の野手では、昨日紹介した中山礼都(3年・遊撃手)とともにセンターラインを構成する印出太一(3年・捕手)と西村友哉(3年・中堅手)も好素材だ。この試合でまず存在感を示したのが1番を打つ西村だ。1回表、試合開始早々の初球を叩き、スリーベースを放って先制点を演出した。上背はそれほどあるわけではないが、がっちりとしたたくましい均整の取れた体格で、まず構えた時の雰囲気があるのがいい。

 左足の上げ方は比較的大きいものの、早めに始動してゆったりとステップすることができており、ボールを見る姿勢の良さも目立つ。初球からしっかりフルスイングできるのは、このタイミングの取り方に余裕があるからだ。昨年9月に見た東邦戦ではレフトスタンドに一発を放っており、トップバッターだが長打力も申し分ない。センターの守備範囲の広さやスローイングの強さも目立ち、外野手としての総合力は高校生ではトップクラスと言えるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita