中京大中京・中山礼都(撮影・西尾典文)

ショートの守備力は“超高校級” 中京大中京・中山礼都にスカウト陣も大注目!

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、名門・中京大中京のショートを取り上げたい。

【2019年11月3日】秋季高校野球東海大会決勝戦 長良川球場

中京大中京9-6県岐阜商

 野手も逸材揃いの中京大中京だが、現時点でプロに最も近い選手となると中山礼都(3年・遊撃手)になるだろう。そのプレーを初めて見たのは1年秋の東海大会、対静岡戦。当時は6番、サードで出場していたが、シートノックから動きの良さとスローイングは目立ち、打っても2本のツーベースを放ちチームの大勝に大きく貢献している。

 この日もシートノックからそのプレーに注目したが、他の野手もレベルが高い中で、一人だけ大学生か社会人が混ざっているかのような錯覚を覚える守備を見せていた。特に目立つのが球際の強さ。左右のフットワークが良いだでなく、最後の一歩でしっかりと補給できるのは、下半身の強さとバランスの良さがあるからだ。少しだけ気になったのがスローイング。肩の強さは申し分ないが、余裕がある打球の時ほど逆に手加減してぶれることがあった。常に強い送球を心がけてもらいたい。