中京大中京・松島元希(撮影・西尾典文)

中京大中京の小さなサウスポー「松島元希」馬力が光る投球に感じる“潜在能力”

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、その実力を分析している。今回は、名門・中京大中京のサウスポーを取り上げたい。

【2019年11月3日】秋季高校野球東海大会決勝戦 長良川球場

中京大中京9-6県岐阜商

 昨年の明治神宮大会で優勝し、中止となった選抜高校野球でも優勝候補の筆頭と見られていた中京大中京。エースの高橋宏斗(3年・投手)に注目が集まっているが、他にも能力の高い選手が揃っている。特に、この試合は6回からリリーフした高橋の調子が上がらずに4失点と苦しみながら勝ち切っただけに、そのチーム力がよく表れた試合だった。

 今回、紹介したいのが先発のマウンドに上がった背番号10の松島元希(3年・投手)だ。164㎝と上背はないものの、体重72㎏というプロフィールからも分かるように、がっちりとした体つきで馬力が光るサウスポーだ。ノーワインドアップのモーションからゆったりと右足を上げ、しっかりと軸足に体重を乗せてからステップできている。

 少し軸足が早く折れるのは気になるが、フォーム自体に緩急があり、体重移動のスピードも申し分なく、全身を使って腕を振ることができている。まだ全力で投げるとリリースがばらつくものの、少し力を抜いて変化球でカウントをとることができている。そして、しっかりと腕を振った時のストレートはコンスタントに140キロを超え(この日の最速は144キロ)、サウスポーらしい角度があるのも持ち味だ。