健大高崎・下慎之介 (撮影・西尾典文)

プロ注目の大型左腕 健大高崎「下慎之介」が誇る”奪三振力”に迫る!

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校野球の春季大会がすべて中止されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、各球団のスカウトがドラフト候補を視察できない異常事態に陥ってしまった。こうした状況を踏まえて、プロアマ野球研究所(PABB lab)は、過去の試合から有望選手をピックアップして、今後のドラフト戦線がどのように動いていくのか、独自に分析していきたい。今回は、昨秋の明治神宮大会で準優勝に輝いた健大高崎を牽引する“大型左腕”を取り上げる。

【2019年9月29日】秋季高校野球群馬県大会3位決定戦 桐生球場

健大高崎8-1樹徳(7回コールド)

 群馬の高校野球をリードする一角、健大高崎が中盤以降に突き放し、コールド勝ちで関東大会出場を決めた。まず目立ったのがエースの下慎之介(3年・投手)だ。183cmの長身だが高校生の大型左腕にありがちなバランスの悪さがなく、右肩の左をしっかりと我慢して楽に腕を振ることができている。少し肘を下げたスリークォーターの腕の振りで、サウスポーらしいボールの角度も光った。

 この日の最速は135キロで、アベレージは130キロ台前半だからそこまでのスピードがあるわけではないが、昨年秋の公式戦では68回2/3を投げて75奪三振をマークしており、スピード以上に三振を奪えるのは大きな魅力だ。

 その秘密は腕の振りと球持ちの長さにある。長いリーチがあるが、比較的早めに肘をたたむテイクバックが特徴で、打者から見るとボールの出所が非常に見づらい。それでいながら前で大きく腕を振ることができ、球持ちも長いためどうしても振り出しが遅れ気味になるのだ。