千葉学芸・有薗直輝(撮影・西尾典文)

全国的に有名になれる逸材! “新興校”千葉学芸に魅力溢れる強打者がいた!

 新型コロナウイルスの感染拡大で、主要な大会が中止に追い込まれ、リーグ戦が延期されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、プロアマ野球研究所(PABB lab)では、過去の試合から有望選手をピックアップして今後のドラフト戦線がどのように動いていくのか、分析していきたい。今回は、千葉の“新興勢力”が誇るフルスイングが自慢の野手だ。

【2019年9月28日】秋季高校野球千葉県大会 柏の葉公園野球場

志学館4-2千葉学芸

 敗れた千葉学芸で最も目についたのは4番に座った有薗直輝(2年・三塁手)だ。昨年夏の千葉大会では1年生ながら4番を任せられ、4試合で16打数5安打4打点と見事な成績を残し、敗れた市原中央戦ではZOZOマリンスタジアムのレフトスタンドへ飛び込むホームランも放っている。1年生(当時)とは思えない堂々とした体つきで、まず打席で構えた時の雰囲気があるのがいい。少し左足を高く上げて反動をつける打ち方だが、バットの動きはそれほど大きくなく、トップの時の力感も申し分ない。

 1回裏、ツーアウト二塁のチャンスで打席に入ると、昨日紹介した相馬綾太(3年・投手)の初球の角度のある外寄りの速いストレートに対してしっかり踏み込んでレフト前に弾き返して先制点を叩き出した。チャンスの場面で初球から自分の形でフルスイングして、結果を残せるというのは技術の高さの証と言えるだろう。この日のヒットは第一打席のこの1本だけだったが、続く2打席でも相馬のボールに振り負けることなく、しっかりとらえてセンターフライを放っている。ヒットにはならなかったものの、内容のあるバッティングだった。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita