志学館・相馬綾太 (撮影・西尾典文)

千葉の逸材?志学館「相馬綾太」“朗希似”フォームでドラフト戦線に名乗りも

 新型コロナウイルスの感染拡大で、主要な大会が中止に追い込まれ、リーグ戦が延期されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、プロアマ野球研究所(PABB lab)では、過去の試合から有望選手をピックアップして今後のドラフト戦線がどのように動いていくのか、分析していきたい。

【2019年9月28日】秋季高校野球千葉県大会 柏の葉公園野球場

志学館4-2千葉学芸

 千葉県内の中堅校同士の対戦は志学館が接戦を制して勝ち上がったが、勝利の立役者となったのが、エース・相馬綾太(3年・投手)だ。最近、佐々木朗希(大船渡→ロッテ)や林優樹(近江→西濃運輸)のように踏み出す方の足を高く上げて反動をつけるフォームが少し流行っているが、この相馬も同じような動きでモーションを起こす投げ方に特徴がある。テイクバックで少し腰を回転させ、サイドスローのような体の使い方でステップも少しクロスに踏み出すが、左肩の開きをよく我慢して、スリークォーターから勢いのあるボールを投げ込む。

 特に、目立つのが右打者のアウトコースへのボールの角度だ。打者は自分の方に向かってくるようフォームのため、外のボールはより遠く見えるだろう。少し変化は早いものの、スライダーも鋭く変化して、右打者は腰が引けるようなスイングになることが多かった。また、あまり多くは投げなかったが、チェンジアップのブレーキの良さも目についた。