成田・吉田涼太(撮影・西尾典文)

攻守ともにハイレベル! 千葉・成田で目立った好素材「松本憲信」&「吉田涼太」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、主要な大会が中止に追い込まれ、リーグ戦が延期されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、プロアマ野球研究所(PABB lab)では、過去の試合から有望選手をピックアップして今後のドラフト戦線がどのように動いていくのか、分析していきたい。今回は、成田で目立った野手の好素材2人だ。

【2019年9月28日】秋季高校野球千葉県大会 柏の葉公園野球場

東京学館船橋8-9×成田(9回サヨナラ)

 成田は昨日紹介した古谷将也(3年・捕手)以外にも好素材が目についた。一人目は先発マウンドに上がったエースの松本憲信(3年・投手兼遊撃手)だ。ただ目立ったのはピッチングではなく3番に座ったバッティングだ。オープンスタンスの構えからゆったりとステップできており、踏み込みの強さがあるのが特長。第一打席では外寄りのボールに対してしっかりと踏み込んで左中間にタイムリーツーベースを放った。ヘッドの走りが良く、打球の速さ、伸びも十分だ。

 次の打席では膝元を上手く攻められて空振り三振を喫したが、第三打席以降はそのボールをしっかり見極めるなど修正能力の高さもある。投手として4回を投げた後はショートに回ったが、併殺打を含む三度の守備機会を難なく処理した。まだ改善の余地はあるものの、フットワーク、スローイングともに高校生としては十分高いレベルにあると言えるだろう。チーム事情はあるかもしれないが、早めに野手に専念させたい素材だ。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita