東海大市原望洋・江見勇真(撮影・西尾典文)

好選手を毎年輩出!東海大市原望洋「江見勇真」&「藤岡大河」に今年は注目!

 新型コロナウイルスの感染拡大で、主要な大会が中止に追い込まれたほか、リーグ戦が延期されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、プロアマ野球研究所(PABB lab)では、過去の試合から有望選手をピックアップして今後のドラフト戦線がどのように動いていくのか、分析していきたい。今回は、千葉の東海大市原望洋で活躍する有望選手だ。

【2019年9月28日】秋季高校野球千葉県大会 柏の葉公園野球場

東海大市原望洋4-3我孫子東

 2010年以降3度の甲子園出場を果たしている東海大市原望洋と、近年安定した戦いを見せている我孫子東の対戦は、シーソーゲームの末、1点差で東海大市原望洋が勝利をおさめた。何とか逆転勝ちした東海大市原望洋で目立ったのがトップバッターの江見勇真(3年・一塁手)と4番に座った藤岡大河(3年・外野手)の二人だ。

 江見は長身の左打者で、オープンスタンスでの大きな構えが特徴。少しヘッドが中に入るのは気になるが、早めに始動してトップの形を作るためボールを長く見ることができている。高校生の左打者の場合、強く振ろうとすると体が一塁側に流れることが多いが、江見は右肩の開きをしっかり我慢して鋭く振り出すことができていた。この日は内野安打1本に終わったが、一塁到達タイムも4.21秒と長身のファーストでありながら脚力も持ち合わせている。将来のためには脚力を生かして、外野にもぜひ挑戦してもらいたい。

東海大市原望洋・藤岡大河(撮影・西尾典文)
東海大市原望洋・藤岡大河(撮影・西尾典文)

 一方、藤岡は堂々とした体格で見るからにパワーのありそうな右の強打者。初回に変化球をしっかり呼び込んでセンターの右に運ぶと、第4打席では低めのストレートを引っ張ってレフト線に強烈に弾き返した(結果はいずれもツーベース)。体格を見ると力任せに打つような印象を持ちそうだが、決してそういうタイプではなく、上手く力みを抜いて振り出すことができ、ミート力も高い。また第3打席ではチャンスの場面では、しっかりボールを選んで四球で出塁しており、選球眼の良さも目立った。守備はそれほど目立つものがなかったが、走塁では一塁を回ってからのスピードがあり、一打席目はわずかにセンターの右への打球だったが、判断良く二塁を陥れている。このあたりも打つだけの選手ではないことがよく表れているプレーだったといえる。