横浜・津田啓史 (撮影・西尾典文)

注目のドラフト候補 名門・横浜高「津田啓史」は“高校球界屈指”の遊撃手だ!

 新型コロナウイルスの感染拡大で、主要な大会が中止に追い込まれたり、リーグ戦が延期されるなど、アマチュア球界にも大きな影響が出ている。このため、プロアマ野球研究所(PABB lab)では、過去の試合から有望選手をピックアップして今後のドラフト戦線がどのように動いていくのか、分析していきたい。今回は、名門・横浜高校で入学直後にベンチ入りした“高校球界屈指の遊撃手”である。

【2019年9月15日】秋季高校野球神奈川県大会 サーティーフォー保土ヶ谷球場

神奈川工0-1横浜

 野手で度会隆輝(3年・二塁手)とともに活躍を見せたのが津田啓史(3年・遊撃手)だ。全国から精鋭の揃う横浜で入学直後からベンチ入りを果たすと、1年秋にはショートのレギュラーを獲得。昨年春の選抜では初戦で敗れたものの、2番打者として2安打をマーク。夏の神奈川大会ではトップバッターに昇格し、5回戦では満塁弾を含む2本のホームランも放っている。

 打撃面での活躍を先に紹介したが、最も目立つのはショートの守備である。判断の難しい打球に対しても、グラブの芯でしっかり捕球することができており、とにかくボールをこぼさないグラブさばきは出色。捕球してから常にすぐ送球する体勢に入ることができ、スローイングの強さと正確性も光っている。試合でも二つのゴロを難なくさばいた。ショートとしての守備力の高さは高校球界でも上位だろう。